Le Bretagne


お昼過ぎにレッスンを終えて、遅いランチ。
元教え子であり、後輩であり、全幅の信頼を寄せるわたしの譜めくリストであり(なんと彼女が中学生のときからリサイタルの譜めくりをお願いしているワタシ。優秀なソルフェージュ力と、咄嗟の判断力と、立ち居振る舞い!)、前途有望なクラリネット奏者である、S嬢と語らった午後。

ムッシュは今日もご機嫌。
ランチタイムを逃したときはいつもここ!

古巣に戻って

恒例の門下合宿。ここしばらく参加できていませんでしたが、ひさしぶりに飲み会部分のみ!参加できました。

変わらぬ師匠の存在に、安心感を覚えます。
門下の先輩後輩と鍋を囲んで、時空を行ったり来たり、思い出話をはさみつつ、音楽を学ぶ現代の子供達や生徒、その指導についてあれこれ座談会!

深く頷き、大爆笑し、
勇気づけられた一夜でした。

会えたみんなありがとう、
会えなかった人、また!

まだまだ編む

年甲斐もなくお花を75枚編みつなぎました。
段染めの糸はいろんな色が出てきて楽しい。

つぎはセーターか??
自炊を完全放棄、睡眠時間を削って、
黙々と編みつづけています。

まだまだ冬を楽しみます。
教室は新メンバーが増えて、じつに楽しい!
発表会の日取りも決まりました。
 

フィリップスコレクション展

大学の授業は今日でおわり。
1年はあっという間、でも1年は大きい。
あとは試験を残すのみです。

さて、皇居をぐるり、
三菱一号館美術館へ寄り道。

モネ、ボナール、ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、ドガ…
時空を超えて、異次元の芸術に触れるしあわせ。
世界は無限の色彩で溢れている。

願わくば、自然光で鑑賞したいなぁ。
美術館は最高の現実逃避。

ちょっとひと息

まさかの2連休。
箱根に出かけて、温泉と編物。

いったんすべてから解放されて、
流れゆく時間をゆったりと味わいました。

ほんとうに素晴らしい滞在だったのですが、
帰宅するとお家がいちばん!と想う、それもまた醍醐味ですね。

ポーラ美術館、次の展示も訪れたいです。
新宿の先にこんな場所がつながっているなんて。

色違い

編み方のリズムをおぼえているうちに、
色違いを編みはじめました。

雪の日の富山を想うような、
静かな色合いです。

初めてのものは何でも、
“2回目”で腑に落ちますよね。

マフラーを編み終えて、想うこと。

完成です!編むのも、巻くのも、楽しいマフラーでした。年末まで多忙だったので、今年度は編物解禁が大幅にズレ込みました。しばらくは通常営業なので、暇をみつけてはブログを更新し(たぶん)、せっせと編物を楽しみます。

教室理念にも書いているように、演奏はまず楽譜ありきですが、編物もまた編み図ありきで、編み図が少しずつ解読できるようになるのは本当に快感。(ピアノに例えると、まだ “難しくない曲ならなんとか楽譜を読んで弾けるかもしれない” 程度です)

そしてその為には、編物もピアノと同じように、いかに沢山の作品を編んだか(=弾いたか)に尽きるなぁと実感しています。

手元をほとんど見ずにテレビをみながら編む叔母や、編み図をまるで私が楽譜を読むように解読する祖母をみていると、”プロ並みの趣味” って最高に贅沢で楽しいことだろうなぁと憧れます。

編物はこれからも細く長く続けていきたいと想います。
以下、敬愛する編物作家の三國万里子さんの心震えるツイートを引用します。